スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院から今日までの様子


4/22(水)に退院してから、今日で5日目。
少しずつペースがつかめてきました。

<1か月後の検診までに注意する事>
・基本は、広めのケージの中で生活させる
・ワンツーや食事の時は出てもOK
・外出禁止(だっこして運ぶのであればOK)
・車での移動も禁止
・太らせない
・滑る床は絶対にダメ
・シャンプーもダメ

病院や先生によって抜糸後のケアは異なる様です。
抜糸後少しずつリハビリを開始したりする場合もあると聞きます。

shellをお願いした病院では、フラットの場合いつのタイミングでスイッチが入って
走り回ったり跳んだりするかわからないという事もあり、基本はケージの様です。
抜糸後の1か月は非常に重要で、あまり歩き回ると膝に液が溜まる事もあるとの事。
また、この1か月で手術した部分が固定されていくので
ここで油断すると、緩んでしまいかねないそうです。
(退院時は院長不在のため、別の先生に説明を伺いました)

でも、我が家のケージは1M×1.5Mぐらいの広さです。
入院していた個室は、ケージ4つ分ぐらいの広さがありました。
大人しい時に、それぐらいの範囲での移動は大丈夫みたいなので
コー○ンでリードフックを購入して、ハウスのそばに取り付けました。
リードをつけながらも半径2Mぐらいは動けます。

もちろん跳びにくい様に、フックを床ギリギリの高さで取り付け
近づくときは膝を床に付けて、姿勢を低くします(笑)
興奮してきたらすぐにハウスさせています。
でも、自分でもまだ脚に違和感があるのか?
家族が帰ってきた時以外、ほとんど興奮する事もありません。
自らハウスに入って寝ている事も多い状態です。

はじめの2,3日は、家に帰れた事で大喜びなのにフリーになれず
ハウスの外に出てもリードでつながれているという状況に
すごくストレスを感じていた様です。
↓退院当日の画像。不機嫌なお顔でしょ?(笑)

フケもいっぱい出るし、責めるような目で見られて辛かったですが
この状況にもずいぶん慣れてきた様で、表情もずいぶんと柔らかくなってきました。

心配事は、ワンツーです。
病院では、ワンツーの場所にペットシーツを敷いてしていた様ですが
家に帰って来てからは、なかなかしてくれません。
最近は外でしかしなくなっていたので、どうしても外でしたい気持ちがあるのか
ギリギリまで我慢しています。
そのせいで、1日に1回なんて事もあります(汗)2回すれば良い方です。

大きな方も、入院から数えて4日間無しでした。
そんな状態なのと動いていないのとで、なかなか食欲もなく
あの手この手で食べてもらおうと必死です。水は結構飲んでいますが。
食べないと出る物も出ないし、悪循環で毒素が溜まっていきそう(泣)

おやつやお肉を少しだけ口にしますが、基本的にはいらないみたいです。
昨日は野菜入りハンバーグを作って細かくし
お口に放り込む様に投げたら食べていました(笑)してやったり!!(笑)

ワンツーと食欲さえうまくいけば、もう少し気が楽になるのですが
まだ少し時間がかかるかなぁ~っと思っています。
shell自身は元気なので、気長にがんばろう!!

夜は1階に布団を敷いて、家族3人で寝ています(笑)
もちろんリードはつけたままですが、寝返りも打てて少しなら歩けます。
shellは、この一緒に寝る時間がお気に入りな様です。
布団を敷くと、へそ点でクネクネして遊んでいます♪

退院初日は「大変だなぁ~」っというのが、正直な感想です。
でも数日経った今は「1か月なんてあっという間だろうな」っと思っています。
仕事に介護にとドタバタしていたら、きっとすぐに1か月検診。
そうなれば、少しずつでもリハビリができる☆

まずは1か月検診を目指して、前向きにがんばっていきます♪


スポンサーサイト
プロフィール

shellmama

Author:shellmama
フラットコーテッドレトリバーのshellと長女manaの記録。
他にも日々のあれこれを綴ります♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
いくつになったの
いくつになったの
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。