スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気一杯♪


最近のshellは元気いっぱい(^。^)
もうすっかり調子も良くなったみたいです。
足の方も、ランなどに行っていない&おうちでも極力激しい遊びはしていないので、
びっこを引かない事も多くなりました。
今月末に再び病院へ行くまで、この調子でがんばろう♪


私はというと、毎日少しずつお勉強しています。
サプリに関してもいろんな方に教えてもらったりしていて、
それについて自分なりにお勉強。
例えば・・・。
グルコサミン&コンドロイチン&MSMの事。
関節(軟骨)に良いというのは知っていますが、膝蓋骨脱臼と直接関係ないのでは?
では何故病院で膝蓋骨脱臼の子に処方されるの?
そんな疑問をふと感じ、色々ネットで検索。
どうやら膝蓋骨脱臼に対してではなく、
脱臼によって痛められた軟骨の修復の為に処方されてるんだなっと勝手に納得したり。
(私が色々と調べた中でそう解釈しただけなので、正しいかどうかは全く不明です。もし詳しい方が居たら、ぜひ教えて下さい☆)


犬の体についても↓こんな本を購入してお勉強中です。

この本、素人の私にもとってもわかりやすいです。
amazonで購入しましたヨ♪(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さすがっ!ママさんはお勉強熱心だな~(>_<)
本当にすごいと思います。
ウチのモモも1度関節診てもらわないと、思いつつなかなか・・・。
(モンローウォーク、お尻プリプリで歩く。。。)
ママさんのブログ見て、日頃の生活で気をつけないとと改めて思いました☆

No title

初めまして、とと と言います!

我が家のフラット「ハル」は先天的に滑車溝が無く脱臼の日々。。。
両膝とも脱臼していたのですが、酷い方の右足がまともに地面につけなくなり
手術を決断し、現在では体重管理と多少の運動制限はありますが元気!

術前は歩くのが精一杯な状態だったので、参考にはならないかもしれませんが
術後のリハビリでは、躾としては最悪ですが、引っ張らせるようにしていました。
後ろ足の強化には、坂道と同じ状況を管理して作ってあげられる運動が最適で、
平坦なところでも腰の位置が下がるように引っ張らせると同じような効果を
負荷をコントロールしながら得られます。

脱臼の頻度や酷さにもよりますが、手術は必ずしも必要ではないです。
我が家のハルは左膝も脱臼しない日はないのですが、少しずつ滑車溝もしっかりしてきているし
筋肉も付いてきているのでしっかりと使えています。

ただ、左右どちらかの状況が悪くなるともう片方に負担がかかってしまうので
些細な状況の変化を見逃さないようにしてあげてください。

ただでさえハイテンションなフラットですので!

快方に向かわれることをお祈りしております!

No title

☆ミーナさん☆
そんな事ないですヨ~(>。<)
こんな事になって初めてお勉強しているのですから・・・(>。<)
もっときちんと勉強してあげないといけないなっと反省しています。
モモちゃん、関節が不安なのですか?
一度レントゲンで確認してあげた方がいいかもですネ☆
我が家も気になりながら暫くとんらなかったので後悔したのです(>。<)

No title

☆ととさん☆
こんにちは、初めまして(^。^)ご訪問&コメント、ありがとうございます!!
実は!!偶然にも昨日、ととさんのブログに訪問させていただいていたので、コメントを見てビックリしました(笑)
フラットの膝蓋骨脱臼について色々ネットで調べているうちに
辿り着いて、読ませていただきました(^。^)
沢山のアドバイスありがとうございます☆
引っ張らせるトレーニング、いつものハーフチョークだと首に負担が凄くて・・・(>。<) 引っ張らない様にトレーニングするものなので当たり前なのですが(汗)
それで今はトレーニング用にハーネスを購入しようかと考えています。
ととさんは引っ張るトレーニングの時は、カラーなどどうされていますか?
(^。^)
以前からshellはボールなどを引っ張りっこする時も、
引っ張る力が小さいっとトレーニングの先生に指摘されていました。
後ろ足をふんばる力が少ないっと・・・。
そういうボールの引っ張りっこも、上手にやれば後ろ足の屈伸によって
筋肉をつけることが可能かな・・・などと思っています。

本当にありがとうございます!!
これからもどうぞ宜しくお願いします(^。^)

No title

その1です

なんと! いろいろな偶然があるのですね~驚きです!
僕はあちこち彷徨っているときに、リンクから飛んできました~
引っ張らせるのには、最初はハーネスを使っていたのですが、
あまりに好き放題に引っ張ってしまうのと、コントロールができないので
現在はハーフチョークを使っています。
ハーネスはラフウェアのウェブマスターハーネスが最高です!
手術後に階段を避けたりする場合でも簡単に持ち上げられてました。
あ、腕力勝負になってしまいますが!!!
ハーフチョークは引ききっても首が絞まりきる前に、チェーンが先に当たるようにしておけば大丈夫。
なので、1サイズ大きいモノを使っています。

引っ張る力は膝の悪い子は当然弱いです。引っ張ってもすぐに諦めたり、へたり込んだり。。。
無理をさせると前足の付け根とか痛めてしまうので、ほどほどに!
Shellちゃんは股関節は大丈夫でしたか?緩めだとやはり踏ん張りがききません。
ハルもですが。。。
引っ張らせる運動は腰の位置が多少下がる力加減を目安にしてみてください。
これでおしり周りの筋肉が一気についてきます!

No title

ハンドルが変わってますが とと です!
その2です!

引っ張りっこではももの前側の筋肉を使うのですが、膝が脱臼してしまう子は
力を入れた瞬間に脱臼してしまいます!
腰を落として引けないですよね? 前足の踏ん張りだけなので後ろに進めない!
前足の負担も考え、お休みした方が良いと思います。
と、思うのですが、トレーナーさんは障害のある子は見たこと無いのかなぁ?

Shellちゃんは内方脱臼ですか?左膝でしょうか?
脱臼を元に戻す方法をきちんと教えてもらうと良いですよ。
最初は気持ち悪い感じもしますが、痛々しい我が子の様子を見ることを考えれば平気です!
ただ、外でやるときは犬も力が入っているのでなかなか戻せません。
僕はお腹の下から腕を入れて少し抱え上げるようにして、太ももから伸ばすようにして
膝のあたりを確認するようにしています。
こうすると簡単にきちんと膝が伸びるので元に戻しやすいです! 慣れるしかないですね。。。
これはそのうち ととかか でアップします!

それと、引っ張らせるときは後ろ足でジャンプしないように要注意です。
元も子もなくなってしまうので!
では~

No title

☆ととさん☆
またまたありがとうございます♪

ラフウェアのハーネス、良さそうです(^。^)
我が家、ひそかにラフウェア好きです(笑)
あまり沢山持ってないですが・・・・(^。^)
なるほど。確かにハーネスだと制御がきかないかも・・・。
以前に引っぱり防止でイージーウォークを使っていた時にも
同じ事を感じました。色んな場面で不便を感じて。
ハーネスは筋トレに関しては却下します☆

shell、股関節はバッチリでした(^。^)
引っ張りっこの件は、以前に膝蓋骨脱臼がわかる前にトレーナーさんが
言っていたのを思い出して、私が勝手に良いかもっと思った訳なんですが、ととさんのお話を聞くと・・・やめておきます(苦笑)
おっしゃる通りだ!!(^。^)

No title

☆ととさん☆・・・その2・・・
shellの場合は内方脱臼で、右足です。
溝があるので、自分で脱臼を治す事ができます。
足をグ~ッと伸ばして伸びをしたらおさまるので、
彼女は自分で治す事を覚えています(^。^)
でもいざという時の為に今度病院へ行った時に聞いてみます☆

とっても参考になるご意見、本当にありがとうございます(^。^)
またととさんのblogへもお勉強しに行かせていただきます(^。^)
プロフィール

shellmama

Author:shellmama
フラットコーテッドレトリバーのshellと長女manaの記録。
他にも日々のあれこれを綴ります♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
いくつになったの
いくつになったの
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。